アヤノ_edited.jpg

​テヅカアヤノ(TeXi’s)

2015年いわき総合高等学校在学中に田上豊氏(田上パル主宰)に師事し、舞台監督・演出・ワークショップデザインを学ぶ。その後、桜美林大学芸術文化学群にて演劇を専攻。出演者と共に時事問題などをテーマにしたディベートや、出演者の実体験を元に作るエチュード(即興劇)を作品に組み込む創作スタイルを基盤に創作活動を行う。代表作「ぜんぶ、水に流したっていいじゃん。ぜんぶ、海のナカに。」(2019年5月)では「当事者性」をテーマに、「子ども」をモチーフとしたポップな空気感の中で鋭利な状況・言葉を映し出すブラックユーモア会話劇を創作した。
 2020年 劇団TeXi's設立、主宰を務める。

  • Twitter